Himalayan Paradise Trek & Expedition P. Ltd
Explore the Nepal Himalaya with the Himalayan Paradise...
観光スポット

ネパール最大の仏塔があるボダナート。

カトマンズの東6kmに位置する、古くからチベット仏教徒の主要な巡礼地である。

ボダナートは、自然の「気」の満ちた場所に建てられ聖地だといわれている。

ストゥーパそのものがもつエネルギーに数えきれない巡礼者の祈りのエネルギーが加わり、それがストゥパー全体を包み込んでより大きなエネルギーとなり、この場所の聖性はますます高められていくかのようだ。

 

パシュパティナート

ガンジス川の支流であり、聖なる川とみなされるバグマティ川の川岸にあるパシュパティナートは、ネパール最大のヒンドゥー教寺院であるばかりでなく、インド亜大陸にある4大シヴァ寺院のひとつでもある。

寺院の火葬場だけで引き返す人が多いが、修行中のサドゥーに出会う事もあるので時間があれば是非一周してみよう。

 

スワヤンブナート

伝説では一度カトマンズの谷を埋め湖の真ん中に咲い燃えるような蓮の花から生まれたと言われています。

丘は現在、壮大な仏教とヒンドゥー教の神社、寺院や彫像によって戴冠し、両方の宗教の信者のための巡礼や礼拝の場所です。

 

パタンのダルバール広場

 

パタンのダルバール広場の複合体は、おそらく最も3ダルバールの正方形の写真を撮影し、一度パタンの王の宮殿だったです。

広場は素晴らしいビルダーと芸術のパトロンだったマーラ王の治世中にその頂点に達したネワール建築が見事です。

 

バクタプルのダルバール広場

少なくとも忙しいダルバール広場はバクタプルの中心部で発見されます。

車両交通への立ち入り禁止であるハンサムなオープンスペースで、マーラ期間にさかのぼりアーキテクチャ、広場漂わせる魅力を紹介。

 

カトマンズのダルバール広場

カトマンズのダルバール広場、旧カトマンズの中心部には、その複雑な木彫りと豊かな歴史を持つ、初めての訪問者を感動させる失敗することはありません。

増え続ける近代的な都市に囲まれた、この古代複合体はそのカラフルな夜の市場や忙しい寺院pujas·フロン魅惑のオアシスです。

 

チャングナラヤン

カトマンズ盆地の東端の丘に、ナラヤン神を祀る古い寺院がある。

スワヤンブナートやボダナートなどともに盆地の主要史跡として世界遺産にも登録されている、由緒ある寺院。

寺院の開基は、リッチャヴィ王朝期の323年。

時代を重ねる境内にはさまさまな石像が加えられ、今日ある複合寺院となった。

境内中央の本殿は、ヴィシュ神の化身であるナラヤン神を本尊とする、ネワール様式の繊細な木彫りで装飾された。

リッチャヴィ時代の建物はカトマンズ盆地に侵入したムガル帝国軍に破壊されてしまい、現在あるのは1702年に再建されたものだ。

 

ナガルコット

カトマンズ周辺にはヒマラヤの眺めのよい場所がいくつかあるが、中でも行きやすく最も人気のあるビューポイント!

標高約2100mの丘の上からは、東にエベレスト、正面にドルジェラクパやゴサインクンド丘陵、西はアンナプルナ山脈まで、東西200kmにわたって連なる白い山脈を望む事が出来る。

特に美しいのは朝、日帰りで行くことも出来るが、出来たら一泊し、早起きして日の出を拝み、夕日を眺めよう。

神々の座が姿を現す感動を!!

チャングラナラヤンへのハイキングも可能!

 

ルンビニ

ゴータマ・シッダルタ(後のブッタ)生誕地としてい知られる。

成道の地ブッタ・ガヤー(インド・ビハール州)、初めて説法したサールナート、入滅の地クシーナガル(ともにインド・ウッタルプラディッシュ州)と並んでブッタの生涯にちなむ4大聖地のひとつとして、古来仏教の巡礼地になっている。

 

チトワン

 

ナラヤニ県チトワン郡は中央ネパール南部のマハーバーラタ山脈とチューリヤ丘陵の間にひらけたタライ平原の一角に位置する。

先住民のタルー族の他、山地から移り住んだチェトリやタマン族などの住む農家が散在し、四季を通じて水田や作物に覆われ色鮮やかな田園風景が広がり、平原の彼方にはマナスルなどヒマラヤの峰ヶも遠望出来る。

エレファントサファリ、カヌーライド、ジープドライブ、バートウオッチングなど、さまざまなアクティビティが体験出来る。

クロサイ、ロイヤルベンガルトラ、ワニ、クマ、シカや鳥の上に53​​9種を含む野生動物の公園。

 

登山

エベレストを含む世界で最も高いピークの8つと、それはネパール登山の世界で最も優れた成果のいくつかのための段階であったことはほとんど驚くべきことである。

困難な氷のピークは、何十年もの間、最も大胆なだけの身体と精神を挑戦してきた。

238は、登山のために開放されているそのうちの6000メートル、上記の1,310ピークがあります。

 8000メートル以上の高さに立って、次のネパールピークは、クライミングにも開放されている:マウントエベレスト(8848メートル)、カンチェンジュンガ(8586メートル)、ローツェ(8516メートル)、マカルー(8463メートル)、チョー·オユー(8201メートル)、ダウラギリ(8167メートル)、マナスル(8163メートル)とアンナプルナ(8091メートル)。

 

NB:遠征のためのすべての問い合わせや手配観光民間航空省の登山課と事前によく作られている必要があります。


村ツアー

 

村のツアーでは、典型的なネパールの村に滞在し、あなたの間近でネパールの豊かな文化と伝統を観察する機会を与えることができます。

これに加え、滞在が直接、地域の福祉に寄与する資金を提供しています。

 

ジャングルサファリ

チトワン国立公園やバルディア国立公園は、哺乳類、爬虫類、鳥類の信じられないほどの様々な動物の住処である。

前者はすべてのアジアで最も保存状態の良い環境保全地域として認識され、放し飼いの野生動物の魅力的な配列を誇っています。

チトワン国立公園、バルディア国立公園、スクラファント野生生物保護区とタプ野生生物保護区は、エキサイティングなサファリの機会を提供しています。

ジャングルの活動は、その自然の生息地で野生動物を表示するには、背中や四輪駆動で象に森の奥深くに進出などがあります。